SUZ45
トップ > ニューコレ > SDGsへの日本企業の取り組み事例のツイッター・ニュース|意味を解説

SDGsへの日本企業の取り組み事例のツイッター・ニュース|意味を解説


はじめに


SDGsへの日本企業の取り組み事例をニュースとツイッターでご紹介します。また、SDGs関連の言葉の意味も開設します。


目次


  1. SDGs関連の言葉の意味とは
  2. SDGsとは
  3. SDGsへの企業の取り組み事例のツイッター・ニュース
  4. 将来の展望

SDGs関連の言葉の意味とは


最近は、「多様性」に関する色んな言葉が飛び交っているので、まとめました。


将来の展望


持論

まず、これまでの常識が通じない可能性があります。その点を踏まえて、「将来の展望」を考えました。

自然エネルギー

例えば、太陽光は、世界中誰にも等しく恵みを与えてくれます。かつて、石油が、産油国にとんでもない恩恵を与えたように、太陽光を上手く利用できれば、世界中の人々が、石油王ならぬ「太陽光王」になれるのです。石油だって、一見すると、只の有害物質ですよ。しかし、その石油を巨万の富に変えたのは、人々の英知と努力の結果に他なりません。

科学技術の進歩

人は、科学技術を進歩させて、安くて良いものを作ることができるようになりました。それにより、出費が減り、生活の満足度などが向上しました。

価値の創造

デジタル化などの社会変革が進み、新たなビジネスチャンスが到来します。その波に乗って、利益を出せるかが、勝負の分かれ道。意思決定の遅い会社は、容赦なく、市場から追い出されるでしょう。

業態転換

企業の業態転換が、当たり前になって来るでしょう。同じビジネスモデルが、長続きしなくなっています。良い例が、「富士フイルム」でしょう。世界中で「写真フイルム」を売っていた会社が、今は、世界中で「アビガン」を売ることになるんだから、将来のことは、分かりません。

選別の時代

「SDGs」「IT」「ESG(環境・社会・ガバナンス)」「多様性」などへの投資は、これから増えて行くだろうし、収益性も高いでしょう。それには、理由があって、国民の目がそちらに向くし、政府の支援もあるし、それに応じて技術も進歩するからです。当たり前のことですね。

テレワーク

奇しくも新型コロナウイルスのおかげで、テレワークの機運が、盛り上がりました。それは、人々の地方移住などを通して、生活の充実度を増すことにもなります。地方移住することで、家賃などの出費が抑えられます。物価も安いでしょう。地方には、高齢の家族も住んでいるかも知れません。一緒に暮らせば、そもそも家賃など要りません。介護福祉などへの出費が減り、国の歳出削減効果も期待できます。テレワークに関しては、「テレワーク人気地方移住ランキング」をご覧ください。

ウィークエンド・ワーカー

色々な会社が、週休3日制などになる反面、週末だけ働く「ウィークエンド・ワーカー」が、浸透するかも知れません。そうして、働く時間や場所などを多様化することで、経済が、より良く循環することになるでしょう。

医療技術の進歩

ゲノム創薬の開発など、医療技術が進歩します。がんの薬なども、もっと安くて良いものが、自由競争の中で生まれて来るでしょう。高齢化でも、出費を抑えられ、健康に暮らせるのです。その結果、健康寿命が伸び、医療費の削減、シニア世代の雇用の増加などに資するものと思われます。

余暇

結果、余暇の時間が増えて、色々なものを消費することになります。IR施設などにも行くでしょう。趣味にも時間を割くでしょう。そうして、新たな雇用の創出が生まれるのです。

多様性・共生社会

障害者などが、テレワークで仕事をしたり、介助の用具が進化したりして、社会進出ができるようになるでしょう。そうした分野でのビジネスチャンスでもありますし、社会福祉費用の削減により、税金が安くなる可能性だってある。

トンデモ

未来には、何が起こるか分かりません。例えば、サプリメントを飲んでいる方も多いと思いますが、食事の必要がないような高機能サプリメントが開発されることもあるかも知れません。希少価値の高い金属「レアメタル」の原子を作る技術が開発されるかも知れない。新たなウイルスの危機などで、どうしても困ったら、「ゲノム編集」が、認可されるかも知れない。環境の変化で、人間の遺伝子が、変異をするかも知れない。

物価は、上がるもの?

日本は、人口が減って行き、欧州のように、ほどほどのところで落ち着くと思います。デジタル庁もできて、色々なものが、ネットを経由して、安い手数料で、手続きできるでしょう。上述の通り、科学技術の進歩により、安くて良いものが作れる時代になります。それなのに、政府・日銀は、「物価上昇2%の目標」を掲げています。物価が上昇する目的・理由があるのでしょうか? 物価が上昇するものだと言う、常識を忘れた方が良いのかも知れません。

デフレで良い

インフレになるくらいなら、デフレで良い。それが、本来の姿なんだと思います。その中で、知恵を絞って、豊かさを築き上げるのが、社会と言うものではないでしょうか。

雇用・経済の循環

もちろん、悪い面もあります。テレワークで地方移住が進んだり、会社が、都外にオフィスを構えたりすれば、都心の地価・不動産価格は、下がります。鉄道会社の株なども下がるでしょう。しかし、それが、時代の流れであり、雇用・経済の循環なのではないでしょうか。鉄道会社が、余剰資産・人材を利用して、IR施設を作れば良い。それは、今でも、やっていることです。要は、社会を良い方に変革して行くのです。既得権益とか言ってないで。

タブー

タブーにメスを入れて、社会の歪みをなくしていくことが必要になるでしょう。政治も民間も。その覚悟と必要性を感じ取ることが、求められているのではないでしょうか。

結論

  1. 既得権益を捨て、ビジネスモデルを見直し、改革をする。
  2. 新たなビジネスチャンスは、必ずある。
  3. 物価は、上昇するものではなく、安定させるもの。
  4. 研究・開発には、それ相応の投資をして、回収する。
  5. 努力を惜しまず、英知を磨く。
  6. 神様は、見ていると信じて、善行を積む。

シェアボタン


Tweet Facebook LINE

免責事項・著作権表示


情報が古かったり、間違っていることなどによる損害の責任は負いかねますので、ご了承ください。
ニュースは、一部省略していることが多いです。

Copyright (C) SUZ45. All Rights Reserved.